エッセイ集:平成30年GW 人生は楽し 摩訶不思議の出会いに乾杯!|京都の税理士早川嘉美、ウォルドルフ人形作家早川加代子の世界
HOMEトピックス税務と会計座右の銘百選エッセイ集ウォルドルフ人形サクセス・シミュレーション連珠リンク

平成30年GW 人生は楽し
        摩訶不思議の出会いに乾杯!

4月28日、今年の大型GWがスタートしました。その前々日、突然「金婚のお祝いにあわら温泉に行こうか!」となり、せっかくなら、孫娘の入学祝もかねて、それなら娘の転居祝いもかねてと膨らみ、ネットで調べてみるとかなり不自由なスケジュールながら、ゲットすることに成功。孫息子やすべぇはクラブ活動があって調整できず、4人で出かけることになりました。

私ら夫婦はあわら温泉大好きで、初めての訪問で知己の友人となり現在も交流が続いているKさんもおられるが、今回の主な目的は芝政のパターGolfと加賀温泉に足を延ばしての体験型リゾート「ゆのくにの森」での工芸体験。欲張って小松まで足を延ばしてファミリーGolfができれば最高! こんな思いをもって出かけたのですが、なんともまぁ摩訶不思議な出会いが待っていようとは…。
まぁ聞いてください。

まず一昨年、ハイテンションで泊ったHotelと偶然に同じ。出発前からご機嫌になっていましたが、京都11時出発はせっかくの小旅行にはいささかもったいないので、早めに京都駅に出て喫茶で旅行気分に浸ることにした。4種類の駅弁を買い、じゃんけんでお気に入りを取り合ってのスタート。

加賀温泉に着いたのが1時半、バスに乗って目的地「ゆのくにの森」まで出かけるには30分以上の時間ロスが出る。ためらわずにタクシーでゆのくにの森へ一直線。道中、運転手さんから「何をしに来られたのですか」と尋ねられたのを機に話が弾み、ゆのくにの森で工芸の制作体験をしたいこと、気に入って何度も来ていること、明日は芝政に行くことなどを勝手気まま、思い思いに話したものです。こんな雑談がなんとも不思議な再会につながっていくとは…。

ゆのくにの森に到着、陶板画に一直線。ガラス工芸(2種あり)が本命であったぷーたんも、まずは陶板画を体験してみようということになったが、これがウンの尽き。すっかりはまってこれだけで時間切れ。 私はもう6回目となり、準備していた「明日の心配は明日にしよう!」をまず書き上げ、2作目にトライ。家内は一人、おひねりの作陶に挑戦する。まあ、真剣真面目な姿をご覧いただきましょう。

ゆのくにの森
ゆのくにの森にて
陶板画挑戦中
ただ今 陶板画挑戦中!
母娘揃って陶板画
母娘揃って陶板画 制作中!
おひねり作陶
家内(加代子)はおひねり作陶

芸術作品とはほど遠い作品ですが、自分の作品作りは何とも言えない楽しさです。出来上がりをお見せしたいところですが、出来上がってくるのは2か月ほど先。

あとは金粉入りアイスクリームをぱくつきながら、しばしの散策であっという間にタイムオーバー。
Hotelに入り、温泉 → 温泉卓球 → 豪華ディナー? → 温泉卓球 → 温泉 とフルに楽しみました。

温泉卓球
はまってしまった温泉卓球
みんなご機嫌
みんなご機嫌でした!
晩酌
誰だ!未成年者に酒を飲ましているのは!
…な~んだ、ジュースか!
ご機嫌
ご機嫌な一日でした!

芝政ワールドでパターGOLF

明けて30日、朝早くに次の目的地、あわらの芝政ワールドにパターGolfへ向かう予定が、すっかり温泉卓球にはまり込んだぷーたんが「卓球をしたい」と言い出し、急きょスケジュールを変更。駅に向かうバスの調整もうまくいかず、すでに10時半。
JRの時間調整もうまくいかず、「タクシーで行こうか?」ということになり、いくらかかるか調べてみることに。それなら1時間半ほど節時間できる。旅での1時間半は大きい。1万円なら、一人あたり2500円。それくらいなら大きなプレゼントを贈られたにも匹敵する(この発想が私の得意とするところです。ンン??)。
どんなもんかなぁとタクシー乗り場に出向き調べてみることにー。
ナントそこに摩訶不思議な出会いが待っていたのです。

10台程度のタクシーが待機して、数人が立ち話をしている前を通り抜けて、先頭車の運転手さんに「まだ乗るか決めてないので申し訳ないですが、芝政までいくらくらいかかりますか?」と尋ねると、間髪入れず「昨日のお客さん?」と返ってきた。とっさに何が何だかわからず「エッ!」という間もなく、「昨日、ゆのくにの森までお送りした…」と言われて「昨日の運転手さん!」と思わず叫んでいました。
なんともすごい偶然。スケジュールを大幅に変えたり、思うままに動いていたのはこの出会いを作り出すためだったのか、と思えるほどのまさに奇跡。1分、いや30秒もずれていたらこの出会いはやってこない。
おもわず「偶然は準備した人しか助けない」を思い出していたのです。新座右の銘百選でこのところ2回ほど続けている不思議な出会い。「布置が合う」「偶然に見える必然」が嫌でも浮かんできます。何がそこまで惹きつける出会いを醸し出してくれるのだろう。 この後のドライブがいかに楽しいものになったかは記すまでもないでしょう。また加賀温泉、あらわ温泉が身近になった。

運転手Iさん曰く「昨日の出会いはとっても印象的だったので、昨夜、思い出していたんですよ! また出会いがあったらいいのになぁ~って」
なんともうれしい、ありがたい言葉だろう。これだから旅は楽しい。

芝政ワールドでは第1目的のパターGOLF、そして、アーチェリー、巨大迷路など思いのままの時間を堪能したのですが、付け足しであったのかもしれません。

パターGolf パターGolf
パターGolf

2018.4.29-30

5月1日 サクランボ満開!

1日、金婚式もまじかに控え、事務所玄関前のサクランボがいつにもまして大豊作です。毎年たわわに実をつけてくれるのですが、今年は我々の金婚式を祝うかのようにものすごい実のつけかたでした。
こんなことにも楽しいですね。

サクランボ

2018.5.1

5月3日 堂本印象館を鑑賞

3日は堂本印象館を鑑賞しました。
この日の出会いは「木華開耶姫(この花咲くや姫)」。堂本印象の代表作の一つですが、私の守り神(背後霊?)でもあります?? なんのこっちゃ、と思われることでしょうが、師と仰いでいた嵯乃庭慈泉尼から「早川さんの守り神は咲くやこの花姫ですね」と言われたことがあり、咲くやこの花姫について調べたことがあります。すると不思議なことが次つぎとわかってきました。(この項は拙著『変身そして創造』=木花開耶姫=に掲載)

最初、咲くやこの花姫が祀られている神社が宮崎県西都市にあり、社名はナントその名もズバリ速川(はやかわ)神社。なんともまぁ不思議。気になってさらに調べを進めてみるとその神社は速川神社ではなくすぐ近くの都万神社(つまじんじゃ)であり、速川神社に祀られているのは咲くやこの花姫の夫君、邇邇命(ねねぎのみこと)であったことが分かりました。それにしても不思議なご縁であり、このようなことがあったことから、日ごろ心のよりどころにしている神でもあったわけです。

案内書
そのまま掲載するとペナルティーを受けそうなので案内書を載せます。

2018.5.3

5月5日 結婚50年 金婚式を迎えました!

5月5日こどもの日、実は50年前のこの日、結婚しています。ということで、めでたく50年、金婚式を迎えることになりました。特に何も予定していなかったのですが、やっぱりどこかで食事くらいはしようということになり、同じ事なら50年前に結婚式を挙げた五条大橋のたもとの老舗料亭・鶴清の床にしようということになり、娘・孫・義妹らに声をかけてみるといそいそと駆け付けてくれました。
お陰でいっそう元気になるエールの数々をもらうことができました。

よくぞここまで。やっぱり人生に感謝しないといけませんね!!
日ごろの皆さまのご支援にも感謝!!

50年前
50年前 結婚式を終えて
50年後の現在
50年後の現在 皆さんの判定はいかに!
金婚記念
金婚記念は楽しく過ごせました!
五条大橋にて
鶴清をバックに!/五条大橋にて
母娘揃って陶板画 おひねり作陶
自宅には孫の手作りのお祝いケーキが用意されていました!!

2018.2018.5.5