HOMEトピックス税務と会計座右の銘百選エッセイ集ウォルドルフ人形サクセス・シミュレーション連珠リンク

早川嘉美の水彩画「WEB画廊」

本年から日ごろ楽しんでいる水彩画を「WEB画廊」としてUPしていくことにいたしました。目標はひと月1作品を目指していきたいと思いますが、果たしてどういうことになりますやら。
ご批判、ご感想などをいただければ嬉しく思います。
早川嘉美

2017年8月の作品 相思相愛!

お地蔵さんと戯れて!
久しぶりに描く気が少し湧いてきました。というより、ちょっと開きすぎたからなぁ~
それにしてもいちびった絵ですねぇ~ こんなのを描いていると気が楽です。

2017年8月の作品
2017年10月 制作

円空仏 龍潭寺にて

円空仏 龍潭寺にて

困ったことに最近、絵筆を持つ機会が少なく、期限が迫っているのに残念なことに気乗りがしません。特に体調が悪いわけではないのになぁ~
ということで、少し以前の作品でご勘弁願います。

2017年2月 制作

2017年8月の作品 相思相愛!

相思相愛! そんな関係?のツーショットです。
二人とももっといい男なのになぁ~ うまく表情が捉えられていないので、少々不満ですが時間切れでUPすることにしました。

2017年8月の作品
2017年8月 制作

2017年7月の作品 浜松 方広寺の羅漢さん

今回も方広寺の羅漢さんからー。
このところスケッチに出かけていないのでもっぱら浜松で取材した写真から描いています。
猛烈な暑さの中、出かけて倒れたのでは本末転倒ですからな。つまらない言い訳でした。

2017年7月の作品
2017年7月 制作

ドヤ顔の羅漢さん 浜松市・方広寺にて

浜松 方広寺にて

厳しい、怒りの表情の中に垣間見える人間愛、この表情を感じる羅漢さんを求めているのですが、 このところ穏やかな表情、優しい表情の羅漢さんばかり、 つまりすでに達観の域に達した羅漢さんばかりと出会います。時々出会う、厳しい羅漢さんには私に愛が届かないのでしょうか。
ところで、この羅漢さんは「ドヤッ!」って自慢しているよう表情で思わず楽しい気持ちになりました。

2017年6月 制作

2017年6月の作品 満開の笑顔 謙太クン

浜松 方広寺にて

孫は可愛い。この当たり前のことに、ことさら強調することもないのですがいつも満点の笑顔を振りまいてくれる!
こりゃ凄い人物や!! じじばかも極まれり!!

2017年5月 制作

2017年5月の作品 浜松 方広寺にて

浜松 方広寺にて

なかなかエンジンがかからなかったのですが、ようやく1点描くことができました。引き続き2点目に進みだし、まるで可愛い孫にも食指が向いているところです。

2017年4月 制作

2017年4月の作品 今月も特別出展となります!

今回も特別展示となります!
多忙期を乗り越え、気分転換に羅漢さんを求めて浜松の方広寺に一泊の小旅行してきました。 お目当ての羅漢さんは文字通りわんさ(その数500体?)とおられたのですが、 スカッと心に飛び込んでくるものがおられずちょっとがっかり。
とはいえ、さっそく制作に取り掛かっていますが、 今回はその折に体験した写仏をご紹介させていただき、新作発表に代えさせていただきます。

早川嘉美 早川加代子

早川嘉美

早川加代子


余談ですが、このあと精進料理を食し、再度ゆったり羅漢さんを拝観して回り十分の骨休みをさせていただきました。

2017年3月 謹書

2017年3月の作品 特別出展「お孫さん」

このところ多忙に次ぐ多忙。こんなことではいけないのですが、絵筆を持つ雰囲気も気もおこらず、とうとう期日が来てしまいました。
ときあたかも、大好きファミリー 孫たちの素敵でオッたまげる作品が相次いで届きます。 いままでそんな気配もなかったように思うんですが、いったいこれはどうしたことか?
少しくらい、じぃじの影響を受けているのかも??
ということで、今月は孫の模写作品をお楽しみいただくことにしました。

孫のやすべぇ(もう高校1年です) 孫のふーたん(中2です)

孫のやすべぇ(もう高校1年です)

孫のふーたん(中2です)


ふたりとも全く嫌がらず、OKを出してくれました。うれしいですねぇ~。

2017.2 制作

2017年2月の作品 子育て地蔵(醍醐寺)

2017年2月の作品 子育て地蔵(醍醐寺)
前回の水彩画展でもっとも評判の呼んだ作品。
昨年夏頃の制作ですが、すでにUPしたものとばかり思っていましたが、漏れていました。 幸い、このところ多忙になっていますのでこの作品でお許しいただきます。

2017年2月の作品 子育て地蔵(醍醐寺)
2016.7 制作

2017年1月の作品 「第9回おにんぎょう大好き展から」

水彩画展の11月、業務を思いっきり手抜きしたツケがどっときて、さすがに絵筆を持つ時間が取れませんでした。 10月から11月にかけて連日連夜、描き続けていたのですからこれも当然ですネ。
ということで、今回はちょっと一服。おにんぎょう大好き展の作品からのUPでお許しいただきます。

2017年1月の作品

作品展の入り口を飾った作品から

2017年1月の作品

かっては剣道二段だっただけに思いを込めて描きました
2016.11 制作

2016年12月の作品 「謙太です! よろしく!!」

水彩画展が始まって間もなくの11月3日、別室で催されていた「世界1幸せな講演家」の「東海道五十三次完歩達成記念講演会」を拝聴していたら、 緊急呼び出しがあり、早川涼子(代表の妻)が産気づいたとのこと。ばぁばコト早川加代子がお姉ちゃんのお守りに駆け付けるなどテンヤワンヤ。
その夜、日が変わるころになって無事誕生! 孫をまた一人、授かりました。
翌日、メールで謙太(けんた)クンに対面。早速描いてみました!!

2016年12月の作品
2016.11月 制作

2016年11月の作品 「愛宕念仏寺の羅漢さん」

久しぶりに愛宕念仏寺に羅漢さんを拝顔に行きました。やっぱりいいです。
今回は仲の良いお二人?を選んで描かせていただきました。ボーリングの球を抱えているんでしょうかねぇ~

2016年11月の作品
2016.10月 制作

2016年10月の作品 「青森 高徳院にて」

9月11-13日 青森に出かけてきました。マップを見ていると弘前城の近くに羅漢さんがおられるとのこと(長勝寺)。ぜひとも拝観したいとご案内の工藤さんにおねだりをして、回り道をしてもらったのですが、ナント2時に拝観終了とのこと。「何だこりゃー」という感じ。
あきらめてバス乗り場まで歩いているとなんとそこは寺院通り。かなり大きな寺院が両側に並んでおり、外から覗き見ると石仏がちらほら見える。1件ずつ入って行ってカメラに収めてきました。
そのうちの一つ、高徳院から。

2016年10月の作品
2016.9月 制作

2016年9月の作品 「羅漢さん=神奈川・浄慶寺」

スケッチに出かけるところをネットで探していると神奈川の浄慶寺にぴったりの 羅漢さんが居られることが分かりました。
何とか早い機会にスケッチ旅行に出かけたいなぁと思っています。

2016年9月の作品
2016.8月 制作

2016年8月の作品 「木花開耶姫(このはなさくやひめ)」

2016年8月の作品
2016.7月 制作


木花開耶姫(このはな さくやひめ)には、なんとも不思議で楽しい思い出がよみがえってきます。
ずいぶん以前の話ですが、指導を受けていた嵯乃庭慈泉尼に「早川さんは木花開耶姫のお加護を受けていますね」といわれたことがありました。 この後のいきさつは割愛しますが、木花開耶姫を調べていると、宮崎県西都市に木花開耶姫が祀られている神社があり、 その名もズバリ速川神社との情報をキャッチしました。不思議な思いにかられてさらに調べていくと残念ながら、 木花開耶姫を祀っているのは速川神社ではありませんでした。
ところがです。木花開耶姫を祀っているのは、すぐ近くの都萬神社(つまじんじゃ)であり、速川神社で祀られているのは、ナント木花開耶姫のご主人・邇邇芸命(ねねぎのみこと)であったのです。
なんとも不思議な符牒に、しばらく神話の世界に浸ったものでした。

※ 余談ですが、邇邇芸命…祖父は「天照大神」、ひ孫は「神武天皇」です。 また、木花開耶姫は富士山の守り神でもあり、今にして思えば知らないのがよほどのぼんくらであったわけです。トホホ…

写真1 写真2

速川神社


2016年7月の作品 「広隆寺 弥勒菩薩像」

前回と一転、国宝・広隆寺の弥勒菩薩像(部分)です。
恭しく、厳かで、包み込むようなやさしさ。自然に手を合わせたくなる神々さを感じながら、少しイメージに合ったものが描けたように思いますが…。

2016年7月の作品
2016.5月 制作

2016年6月の作品 「ぷーたん大統領」

かわいい孫です。ブータンの国王が来日されて大きな話題を呼んだことがありましたが、 その直後にプーチン大統領のニュースがTVに流れ、それを見たふーたんが「ぷーたん大統領や!ぷーたん大統領や!」と取り違えて大はしゃぎ。 すっかりぷーたん大統領が定着してしまいました!
私にとっては何とも素敵でかわいい??お孫さん!! 「可愛い 可愛い」の思いを込めて描きあげました。相当なじじバカですねぇ~。

2016年6月の作品
2016.5月 制作

2016年5月の作品 「円空仏(荒子観音)」

円空にとって木とは神仏そのものであった。自然の木々だけではなく、 取るに足らない木片や木っ端に至るまで仏性を見た。木への畏敬の念が12万体の円空仏を生み出し、造仏聖として本懐を遂げる。

(日本経済新聞より)


私は好んで木喰仏を描いていますが、円空仏も大いに魅力的です。
木喰さんはマル(エン)。温かいまなざし、いかにも柔和で穏やか。見るとたちまちこちらも笑顔になるのに対し、円空さんはセン。 鋭い線を随所に交えながら、慈愛あるれるまなざしを向けておられる。これまで、こういう思いで拝見していたのですが…。

2016年5月の作品

2016.4月 制作

2016年4月の作品 「卒業記念」

大のお気に入りの孫、ヤスベェがめでたく卒業、思いの高校に進学することになりました。新学期からは京田辺の高校で寮生活に入ることになります。
中学生では足がいたって遅く、自分の意志で、考えもしなかった陸上部に入部。短距離と走り高跳に挑戦、次々と記録を更新して、卒業時にはなんとリレーの選手にまでなっていました。
自分の進路を決めた結果は、こんなにも輝かしいものになるのですねぇ~。
リレーの一コマ、親友にバトンを渡すショットを記念に描いてみました。

2016年4月の作品

ヤスベェの誕生小話
私の近畿税理士会東山支部の支部長に選ばれたその日です。この日は東山支部の周年行事を催している真っ最中で、 支部長として初めての行事に取り組んで入りところでした。この催しに参加することになっていた家内(加代子)は数日前から落ち着かず、 いつかいつかと気をもんでいたところ、記念コンサートの真っ只中に情報が飛び込んできたのです。
司会者が目ざとく聞きとめ、急きょ「新支部長のお孫さんが今、お生まれになりました」と紹介、急きょお祝いの曲が演奏されました。 ということで、支部の皆さんに覚えめでたいヤスベェなのです。
もう15年にもなったのですねぇ~。

2016年3月の作品 「静物」

昨年12月の作品です。新年の多忙を見込んで描いておいたのが役に立ちました。
対象となった芋などに楽しいドラマ?がありますので、ちょっと紹介してみましょう。

2016年3月の作品

自宅の小さな飾り窓をちょっぴり工夫して飾り付けています。 通りがかりの方がちらっと見られたとき、爽やかであったり、 おもしろいなぁ~であったり、アレッとの思いであったり、 いかようでもいいのですが、楽しいことを第一義にしています。
毎年12月は孫たちの担当。思い思いに自分たちの作品で飾り付けてくれます。 今回のヤスベェの作品はお猿さんが温泉に浸かって「いい湯だなぁ~」とのんびりしている周りをジェットコースターが走っている遊園地風景。 もちろんレゴによる作品。周りにはぷーたんの得意とする手作り雪だるまがたくさん飾られています。
ある日、通りかかった小学生づれの母子3人が食い入るように見ていました。 そこで急遽ジェットコースターを動かすと歓声を上げて大喜び。「自分で動かしてみるか」と声をかけると目を輝かせて「うん!」
自宅に招き入れて、しばらく楽しんでもらうことになった。するとナント、 その妹が「お母さん、あれあげたら!」。「あれ」は芋と柿のことで、 わざわざ取りに帰ってプレゼントされたのです。 せっかくの行為を無駄にするのはもったいないとの思いで早速取り掛かったのが今回の作品です。
楽しいご縁ってあるんですねぇ~。

2015.12 制作

2016年2月の作品 「らかんさん」

久しぶりの羅漢さん。愛宕(おたぎ)念仏寺におられる1400体からの羅漢さんのひとつ。
楽しく描きました

2016年2月作品
2015.12 制作

2016年1月の作品「やすべぇ」

先月に続いてじじバカの作品。ふうたんを描いて、やすべぇを描かないと後がえらいことになります。 中学3年にもなっているのに付き合って?いて楽しく、おもろいのです。
二つの絵を同時進行で進めていました。描いているうちにこれもこれもとやっぱりごちゃごちゃしてしまいました。
作品価値としてはゼロですが、十分満足しています。

2016年1月作品
2015.12 制作